CLOSE
Back To Top

本当の「素顔」は存在しない、化粧を落としても、真顔を作ってみても、付け歯を外してみても、それは自然の私ではない。それならば私の素顔はどこにいったのだろうか。多分それは自分に合った美容液を使用して、化粧をして、最高の笑顔を作ってみたその瞬間なのではないか。子供の頃母の手によって顔を撫でられて、自然と生まれてきた笑顔は、今はマスカラや口紅、そしてファンデーションのパフによって撫でられて生成される笑顔にとって変わられた。笑顔など、ありとあらゆる表情が生み出すものが私の感情や精神を外に表現しているのならば、日常的に使われる道具達が、今の私の感情や精神を形作っている。いまや私にとって化粧道具は魂を生成する道具であり、そしてこの化粧道具達が肌に触れる瞬間こそ、私の精神が生み出される瞬間である。

西澤の作品は、これらの化粧道具達を素材・題材としながら、自身の日常風景を写真や彫刻によってシュミレーションする。空間インスタレーション作品、「NaturalMake Up」というシリーズにおいては、自身の寝室のありとあらゆるを医療器具と合体させ、寝室を美容整形の手術室へと変化させことで、美容と医療の世界の境界線の曖昧さを表現している。作中において自寝室に置かれた家具は全てアンティークであり、これは成長や老いという時間を寝室に重ねあわせ、医療の進化や流行の変化という時間の流れが、自身の成り立ちと相対的に歩んでいることを示唆している。また写真作品シリーズ「EYE LASH STORY」においては、付けまつげが薬品から作り出され、マスカラによって成長し、ビューラーによって立ち上がり、そして風船に乗って旅にでる。これはまつげを手入れし、「育て上げ」て始めて自分自身の「顔」を獲得するまでのストーリーである。

これらの作品は一見、都市化された女性の儚い存在性や、時代的な美の危うさを表現してるように感じられる。しかし実は、現代における人間の生命や精神の成り立ちについて問いである。それは、IPS細胞技術やクローン技術の進化によって近い将来人間が直面するであろう、「物質と人間の境界線」もしくは「人間という存在の証明」という問題に少なからず1つの答えを与えているからである

文章協力: SIDE CORE

What I try to say? There is no “natural face”! If removing makeup, making a straight face, and taking off false teeth, my face shall not be natural. Therefore, where is my natural face? Probably, there is it at the moment when using a cosmetic liquid, doing a makeup, and making the best smile. My natural smile with passing my mother’s hand over my face has changed to my smile now making by mascara, lipstick, and puffing foundation. If externally expressing my smiles and any other expressions by my affections and minds, the makeup tools using everyday will make present my affections and minds. Today, the makeup tools should be my spiritual materials, and the moment when these makeup tools touch on my skin is the time of spiriting for me.

The NISHIZAWA Creations with these makeup tools as a material and a subject, will be simulated the casual daily circumstances of itself by photos and sculptures. According to the series of “Natural Makeup” of the space installation creations, a fuzzy border between the beauty care and the medical care is expressed with combining the medical tools to own bed room, and changing own bed room to a cosmetic surgery room. Setting all antique furniture in own bed room through the creations, it means a time of own growth and aging in the bed room, and stream of time like a medical improvement and a trend changing means relatively proceeding with own history. And, according to the photo series of “Eye Lash Stories”, the false eyelashes are made from chemicals, and grown by mascara, raised up by eyelash curler, so anybody can trip out on the balloon. This is a story for everybody, who obtains the eyelashes and “builds up them”, finally can fix own “face”.

These creations likely show temporary existence of sophisticated women and danger of periodical beauty. However, they are actually questions for current human lives and minds. Because there is, at least, one answer for “border between substance and human” or “proof of human being”, which will be faced by evolution of the iPS cells and the clone technologies in near future.